ケアプラン・相談支援
について

居宅介護支援について

介護サービスをご利用するにあたって必要な介護認定の申請手続きを代行いたします。
介護認定が決定した後、ご家庭において要介護状態にある方々のご要望をお伺いしながら、
自立生活のための様々な介護サービスを介護支援専門員(ケアマネジャー)が総合的にご提案致します。
それぞれの利用者様に合ったサービスを調整し、ケアプランを作成をいたします。

ご利用の流れ

介護保険制度について

介護保険制度は介護が必要になっても住み慣れたわが家で自分らしい生活ができるように、
必要な保険・医療・福祉サービスが総合的に受けられるようにする公的な社会保険制度です。
介護保険制度のご利用には、「要支援認定」「要介護認定」が必要です。
認定を受けるための申請は、本人または家族が、住んでいる地域の市区町村の窓口で行います。
指定居宅介護支援事業者のケアマネジャーが代行することもできます。
認定結果は、市区町村から本人宛に通知されます。

相談支援について

障害のある方やそのご家族、関係機関のスタッフなどからの相談に応じ、
自立した日常生活、社会生活を送ることができるよう支援いたします。
日常生活上の支援を必要とする障がいのある方やそのご家族に対し、窓口による相談や家庭訪問等による相談支援を行います。
生活に必要な情報の提供、社会資源の活用や社会生活力を高めるための支援、権利擁護のために必要な援助、各種関係機関や福祉サービスの紹介や利用のサポートなどです。
安心して地域で暮らしていけるよう支援し、悩みごとや困りごとなどは一緒に考え、解決策を探っていきます。